Google Fonts + 日本語

同じものはない、ひとつだけの陶器




どこでも安く器が買える時代。

シンプルなものから、
カラフルなもの、
デザイン性のあるもの。


同じ器が溢れている現代の中で、
私たちは一つずつ
ひとの手で練り、成形し、焼き、色付けし、
生み出された「陶器」という名の
「芸術」を提案。


機械では生み出せない"味"や"雰囲気"を
暮らしの中に取り入れ、
作家の想いやぬくもりを感じてほしい。


そこで私たちがご紹介するのが


撫菜花工藝(なずなこうげい)




群馬県桐生市の商店街にて、
フルカワゲンゴさん、真紀子さんが
ご夫婦で営む陶芸工房。

日本各地の陶器市や展示会などに出展し、
多くの方から愛されている。

身近な商店街の中で工房に加え、
ギャラリーや陶芸教室が併設。

そこは、 「暮らしに花を添えられるように」
とご夫婦の想いが込められた
作品たちに出会える場所。



モノトーン調で渋みのある作品たちは
フルカワゲンゴさんの手によって、




縁や側面に描かれたカラフルな柄が特徴の
作品たちは古川真紀子さんによって生み出された「芸術」。




どちらも一点一点丁寧に作られ、
器に命を吹き込んだ、この世にひとつしかない、
ご夫婦の人柄がにじみ出ている作品ばかり。


機械では生み出せないこのぬくもりを
直接あなたの手で感じてみてください。





撫菜花工藝の作品はこちらから